東京ユカハリ相談会(無料)


今週末、4月17日(日)13-16時、
トビムシ本社のイベント展示スペースにて、
西粟倉・森の学校代表の牧が、
ユカハリに関する相談を無料で受け付けております。

快適な無垢床ライフをお手軽・簡単に実現できる
「無垢床タイル」の使い方などについてご説明させていただきます。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。

ユカハリと無垢床タイルについてはこちら

| 22:00 | - | - |
| - | - |

秋田県の一汁一菜
東北太平洋沖地震によるイベント中止のお知らせ
→詳しくはこちら

秋田の若手農家のお米を売っている武田君がトビムシスペースでイベントをやります。
バイテンでは前後1週間の期間中、秋田の物産を取り扱います。ぜひご参加ください。

トラ男についてはこちら



一汁一菜なう。
〜トラ男が東京にやってくる!〜

先月めでたくトラ男米が完売いたしました〜!有難うございます!!
感謝の気持ちを込めて、秋田から東京にトラ男TAKUMIがやってきて
 皆さんにおもてなしいたします♪
今回はトラ男米あきたこまちを使用した究極の一汁一菜です!

【概要】
■日時:
2011年3月21日(月・祝)午前の部10:00〜12:00 午後の部15:00〜17:00 
2011年3月15日(火)〜3月27日(日)3331アーツ千代田1F 
baitenスペースにて秋田ブースを設置し、お米や秋田のグッズを販売します!
■場所:
アーツ千代田3331 1F トビムシ

■内容:
前半はおしゃべりタイムです。
トラ男プロジェクトについて、トラ男プロジェクトの今後、
トラ男TAKUMIのお話などなど普段は会えない若手農家に会えるチャンス。
後半はおしょくじタイムです。
今回はトラ男米あきたこまちと一緒に一汁一菜スタイルでお食事して頂きます!
お料理を作って頂くのは、出張料理人のひなさんです。
■参加人数:午前の部10名程度 午後の部10名程度
■参加費:1500円
■申込方法
以下のURLよりお申し込み下さい。
https://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=dEowQjNsUFpzNF9sa1JxVkt6ekg3alE6MQ

| 19:00 | - | - |
| - | - |

間伐材カホンワークショップ再び
2月27日の日曜日、またカホンやります。

昨年秋に実施して大好評だった手づくりカホンプロジェクト実行委員会さんによる
「間伐材で、手づくりカホンワークショップ」を開催します。




前回の様子はこちら(カホンプロジェクトさんのレポートより)

今回は、プロドラマーの「HIDE」(小林秀樹)さんがゲスト出演されます。
一緒にカホンづくりを体験されたあと、ヒデさんのカホン演奏を聴かせていただけます。
ヒデさんは、DEEN・田川伸治さんのソロプロジェクト『THE SONIC TRICK』にも在籍され、
個人の活動では、近藤薫さんとのボーカルユニット『moZku』でボーカルのみならず
ギターも弾かれます。
今から、カホンプロジェクトのカホンでどんな音が聴けるか楽しみです。

    開催期日:2011年2月27日(土) 午後13:30〜15:30 
    参加対象:どなたでも可
    場所:アーツ千代田3331 1階 トビムシ
    参加費用:5000円   参加人数:20組(要予約)
    info@woods-kids.jp

申込フォームはこちら
| 00:00 | - | - |
| - | - |

地域と映画
4月からトビムシイベントスペースで「 映画24区」というワークショップがはじまります。
主催は、映画と人を「創る」会社プランシップさん。
トビムシでは、「シナリオコース」と「地域プロデューサーコース」を開催。




ある映画監督が言ってました。
「幼い頃からの夢だった映画をやっと撮ることができて全国上映される。
 ただ自分の故郷には映画館がなくなってしまって、家族がみれないんだよ・・・」


映画24区」は、映画をつくる人、売る人、活かす人を
育てていくためのワークショップです。
そこには、寂しくなってしまった街を元気にすることができる
技術やヒントがあるかもしれません。
いま東京に集中してしまっている映画の
制作、配給、プロデュースなどのノウハウを、
地域でそれを活かしたい人に渡していくことも目的としています。

事前説明会も実施していますので、ご興味ある方はぜひご参加ください。
「映画24区」のサイトはこちら

| 00:00 | - | - |
| - | - |

和紙のてまひま。
「てまひま。Tema-Hima -和紙のてまひま-」



良いものを作るためには、労力と時間を惜しまない。
日本ではそういった「てまひま」をかけた
ものづくりが行われてきました。
しかし、最近は「てまひま」の部分に
触れる機会が少ないように思います。

今も息づく、良いものを届けたいという職人の精神。

今回は和紙をテーマとし、和紙製作に込められる
「てまひま」の部分をご紹介したいと思います。

展示スペースでは、新潟県の小国で作られる「小国和紙」をメインとし
長岡造形大学の学生による和紙を使った作品や
和紙を使ったユニークな作品を製作している作家、森裕樹氏の
作品を展示致します。

また、日常生活の中に和紙を取り入れたシーンを体験していただくべく
特別講師を招いてのワークショップを開催いたします。



■展示日程
日時:2011/2/1〜2011/2/8
場所:アーツ千代田3331 トビムシ 無垢の床板スペース
主催:小国和紙 新事業企画 トビムシbaiten
Workshop:
 (1)2月5日(土)14:00〜16:00 @トビムシ昇降口スペース
 (2)2月6日(日)13:00〜17:00 @トビムシ床板スペース


■展示
小国和紙の商品、長岡造形大学の学生作品を展示。
その他、和紙を使った作家、森氏の作品も同じく展示します。


■ワークショップ
(1)小国和紙で作るオリジナルカード

講師に小国和紙生産組合の今井千尋氏を新潟からお迎えし
和紙にまつわるお話を聞きながら
カラフルなオリジナルカードを作ります。
バレンタインのメッセージカードにどうぞ!

日 時:2月5日(土)14:00〜16:00
場 所:アーツ千代田3331 1階 トビムシ 昇降口スペース
人 数:15名
参加費:700円


(2)和紙照明工房
「和紙をもっと手軽に日常生活に取り入れたい。」
そんな想いから発案された、吊り下げる形の和紙照明。

今回は、発案者の秋山立花の代表 秋山怜史氏を迎え、
オリジナルな和紙照明を作ります。
ふんわりやわらかな照明が、作ったその日の夜からご自宅に飾れます!
色をつけたり、和紙の形を変えてみたり
自分だけの照明を作りませんか?

日 時:2月6日(日)13:00〜17:00
場 所:アーツ千代田3331 1階 トビムシ床板スペース
人 数:15名
参加費:1,000円

ワークショップへの参加申し込みは
tazuma@tobimushi.co.jp 担当:東まで
【氏名、電話番号、ワークショップ(1)(2)を選択して】


●お問い合わせ
株式会社トビムシ baiten (担当:東)
TEL:03-6240-1063
e-mail:tazuma@tobimushi.co.jp
------------------------------------------------------
| 18:00 | - | - |
| - | - |

コットンヌーボー展示発表会
セキュリテ」でご一緒している今治オーガニックタオルの池内タオルさんが、
トビムシイベントスペースで、新作展示発表会を開催されます。
都会の真ん中の木の空間で、まっしろなオーガニックコットンのタオル。

安定しない品質を個性と考え、毎年、ワインのようにコットンの違いを楽しむ
という新しい考え方である「コットンヌーボー」。
それは、トビムシが関わる西粟倉・森の学校の木の商品たちや
ワリバシカンパニーの無垢のワリバシと同じ思い。

ぜひ、足をお運びいただき、今年のコットンヌーボーを手にとってご覧ください。



コットンヌーボータオル展示会
 ■日程: 2月1日(火)13:00-17:00 ・ 2月2日(水) - 4日(金) 13:00-20:00
 ■場所: 3331Arts Chiyoda 1F トビムシ

詳細はこちら(PDF)


関連のお知らせです。

2011年1月25日(火)22時放送予定の
テレビ東京『日経スペシャル ガイアの夜明け
「“やりたい”を力に!〜地域と企業を変えるヤングパワー〜」 で
ミュージックセキュリティーズ株式会社が取り組むファンドの一つとして、
トビムシの「共有の森ファンド」、「ワリバシファンド」が紹介されます。
番組HP(予告動画)はこちら
※放送時間は変更になる可能性がございます。 予めご了承下さい。

トビムシの「共有の森ファンド」、「ワリバシファンド」はこちら
池内タオルの「風で織るタオルファンド」はこちら

| 23:25 | - | - |
| - | - |

いきもの、デザイン、レザークラフト、薬草で島おこし!
1月27日(木)28日(金)トビムシイベントスペースで、長崎県の対馬市さんによる
「島おこし協働隊員」募集の説明会、相談会が開催されます。

「島おこし協働隊員」では、
・生物多様性保全担当、
・島デザイナー、
・レザークラフトで島おこし担当、
・薬草で島おこし担当
を募集します!
そんなユニークな仕事に興味のある方は、まずはぜひ説明会に。


写真はツシマヤマネコ(対馬野生生物保護センター提供)

韓国と九州本土の間に飛び石のように浮かぶ島・対馬。
対馬市では、歯止めのかからない人口減少や少子高齢化により、
雇用・教育・医療・福祉・交通機会の喪失など数多くの問題が顕在化しています。
このような状況の中、地域の維持・再生を担う人材の育成・確保は、緊急の課題となっています。
一方、「都会を離れて地方で生活したい」「地域社会に貢献したい」
「人とのつながりを大切にして生きていきたい」「自然と共存したい」
といった都市住民のニーズが高まり、
自然や文化が色濃く残る島や田舎への移住を希望する人が増加しています。
このような課題・ニーズを背景に、対馬市では、
対馬への移住、離島振興や自然環境保全等に関心を持つ都市住民を、
島おこしの新たな担い手=「対馬市島おこし協働隊員」として、積極的に受け入れます。
島暮らし、離島振興、ツシマヤマネコなど自然環境の保全に関心がある、
熱意あふれる皆様の応募をお待ちしています。

●募集説明会・相談会

日時
・2011年1月27日(木)14時、16時、18時
・2011年1月28日(金)午前10時、13時、15時、17時
 (説明30分、質疑応答・個別相談1時間程度)

会場:アーツ千代田3331 1F トビムシ (http://www.3331.jp/floor/103.html)
(東京都千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda JR秋葉原駅より徒歩8分)

●募集人員
島おこし協働隊員 5名
    うち、     生物多様性保全担当 1名     
      島デザイナー 1名
      レザークラフトで島おこし担当 1名
      薬草で島おこし担当 2名

●業務概要
対馬市職員、市民、関係団体等と連携しながら、次に掲げる活動を行う。
(1)生物多様性保全担当(1名)
      (勤務地・所属課:対馬市上県町佐須奈・上県地域活性化センター地域支援課)
 ・対馬にのみ生息し、絶滅の危機に瀕するツシマヤマネコ
  (国内野生動植物種・絶滅危惧毅僧燹砲
  対州馬(日本在来馬8馬種の1つ)をはじめとする自然資源の保全活動
 ・特に、「種の保存に資するための活用方法」を検討し、
  産業振興・雇用創出に結びつくような施策の企画立案・連絡調整を行う
 ・平成23年度策定予定の「対州馬保存管理計画」の事務支援
 ・千俵蒔山草原再生プロジェクトの活動支援
 ・関連民間団体(NPO法人ツシマヤマネコを守る会、佐護ヤマネコ稲作研究会、
  対馬ヤマネコ田んぼの学校、 佐護区、舟志の森自然学校、対州馬振興会、
  対州馬初午祭実行委員会等)の活動支援

(2)島デザイナー(1名)
      (勤務地・所属課:対馬市上県町佐須奈・上県地域活性化センター地域支援課)
 ・埋もれた資源の魅力発掘と活用方法の企画立案
 ・特産品・商品開発を行う上でのデザイン・プロデュース支援
 ・島の美しい農山漁村景観の保全・形成・活用デザイン

(3)レザークラフトで島おこし担当(1名)
      (勤務地・所属課:対馬市厳原町・本庁農林水産部農林振興課)
 ・有害鳥獣(イノシシ、シカ)の有効活用に関する企画立案
 ・皮革製品の商品化・ブランド化の事業可能性調査、皮革製品の試験的製作・販売
 ・皮革文化の普及啓発活動の企画

(4)薬草で島おこし担当(2名)
      (勤務地・所属課:対馬市美津島町鶏知・美津島地域活性化センター地域支援課)
 ・山草野草の調査研究、採取、薬草リストの作成
 ・薬草の試験栽培、栽培技術の確立及び普及活動
 ・薬草の市場動向調査、漢方関連会社・研究機関等との連絡調整

●募集条件(共通)
・過疎・山村・離島・半島地域以外の都市地域に住民票がある方で、
  自然や文化が色濃く残る島社会への移住を希望し、対馬市に住民票を異動できる方
・環境保全や離島振興など、社会貢献度が高く使命感に溢れる職種を希望する方
・ソーシャル・ビジネスやコミュニティ・ビジネスに関心のある方
・積極的に島社会に入り込み、地域活動をともに出来る方
・自ら情報を収集・分析し、企画立案・実践活動できる方
・普通自動車運転免許を所持し、実際に運転できる方
・パソコンやメールなど一般的な操作ができる方
・地方公務員法第16条に規定する一般職の職員の欠格条項に該当しない方

●募集条件(担当別)
(1)生物多様性保全担当
  ツシマヤマネコ保全、対州馬保全、野鳥保全、草原再生、エコツーリズム、
  グリーンツーリズムに関心がある方。環境保全、地域振興に関する
  専門知識・活動経験があることが望ましい。
(2)島デザイナー
  絵画・彫刻・建築・工芸・写真等の芸術活動の経験がある方。
  島・自然・国境・田舎等をテーマに創作活動をしてみたいと思うアーティストが望ましい。
(3)レザークラフトで島おこし担当
  皮革製品加工の専門知識・経験を有し、有害鳥獣による農業被害対策に関心のある方。
(4)薬草で島おこし担当
  植物及び薬草に関する専門知識を有し、薬草による地域振興・雇用創出に関心のある方。

※応募手続き、選考方法、待遇、雇用形態などの詳細はこちら
 http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/detail/10011

※説明会・相談会の参加を希望される方は、事前参加登録をお願いします
 1月25日(火)までに、別紙に記入の上、メール又はファックスにてお申し込みください
 時間帯ごとの定員は15名とします
※募集に関する問合わせは、メール又はファックスで行うこと。電話での質問は受付しません
※質問に対する回答は、質問者にメール又はファックスで回答します

●申込・問合せ先
対馬市上県地域活性化センター地域支援課内
「島おこし協働隊員」公募係 (担当:前田)

TEL:0920-84-2311  FAX:0920-84-2310
E-Mail: t-maeda@city.nagasaki-tsushima.lg.jp
| 00:00 | - | - |
| - | - |

森に思いを馳せる年の瀬
12/15(水)「共有の森&ワリバシファンド投資家大忘年会」を開催します。
投資家じゃなくても、森やワリバシのことにご興味がある方のご参加も大歓迎です。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【開催概要】
日 時:12月15日(水)19:30-22:00
場 所:アーツ千代田3331 http://www.3331.jp/access/
人 数:先着50名
参加費:投資家の方¥3,000/一般の方¥4,000
    ※投資家の方からご紹介の方は当日受付でお申し出ください。
     投資家割引料金でご参加いただけます。
お申込:こちらからお申し込みください→http://p.tl/mYww
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「西粟倉・共有の森ファンド」と「ワリバシファンド」の出資者の方、
ご興味のある方との交流イベントとして忘年会を開催します。
事業者と投資家さま同士、立食形式でカジュアルに交流していただけます。



西粟倉村の豊かで美しい森で育まれたお米や椎茸、野菜を使った料理。
それをいただくのは、もちろん間伐材の杉で作った無垢の「ワリバシ」。



今後、ワリバシカンパニーが取り組んでいく
「間伐→ワリバシ→オガコ→堆肥」の循環から生まれる
乳製品や有機野菜もご提供します。
噂の「五角形のキャベツ」も登場するかもしれません。

さらに、ファンドを運用するミュージックセキュリティーズ社
ご提供の美味しい純米酒もふるまわれます。

農産物や、新作の木工製品の即売会も実施。

西粟倉村のこれまでとこれからの取り組みについて、
また今注目を集めるワリバシカンパニーの事業の進捗について、
事業者である、トビムシ西粟倉・森の学校ワリバシカンパニーの代表から
じっくりご説明する時間も設けます。

投資家様からご紹介の方は、特別割引料金で
ご参加いただけますので、ご友人をお誘いの上お越しください。

美味しい食事と、森の映像と音楽と、そして、
同じ思いをもつ仲間との会話で、素敵な夜を演出します。



年の瀬の東京で、森に思いを馳せてみませんか?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【開催概要】
日 時:12月15日(水)19:30-22:00
場 所:アーツ千代田3331 http://www.3331.jp/access/
人 数:先着50名
参加費:投資家の方¥3,000/一般の方¥4,000
    ※投資家の方からご紹介の方は当日受付でお申し出ください。
     投資家割引料金でご参加いただけます。
お申込:こちらからお申し込みください→http://p.tl/mYww
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
| 00:00 | - | - |
| - | - |

北海道で暮らしたい人は
都市と地域をつなぐトビムシイベントスペース、
滋賀県信楽のたぬき、屋久島町のしまのがっこうに続き、
今度は、北の大地北海道での田舎暮らし。



田舎暮らしのための住宅地をお探しのみなさん、
北海道への移住を検討されているみなさんへ、
12月3日(金)〜5日(日)の3日間、北海道の移住相談会を開催します。

今回は、北海道の厚真町の職員の方がマンツーマンで対応します。

教育環境や子育てのための各種支援制度が充実している厚真町では、
子育て世代の皆さんに厚真町に移住していただくため、新しく「定住促進住宅」を整備。
この住宅は、厚真町に移住を希望するご家族の方で一定の条件を満たしていれば、
どなたでも入居することが可能だそうです。

北海道の自然豊かな田園の町での暮らしに興味がある方は、
ぜひお気軽にお越しください。

日時:
 12月3日(金)13:00-17:00
 12月4日(土)10:00-17:00
 12月5日(日)10:00-15:00
 ※個別相談ですので上記時間のいつでもご自由にお越しください

場所:
 3331 Arts Chiyoda 1F トビムシ
 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
 東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
 東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
 JR御徒町駅南口より徒歩7分
 JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分

お問い合わせ:
 北海道厚真町まちづくり推進課 担当:大坪、川畑、森田
 TEL 0145-27-3179

詳しくはこちら

| 00:00 | - | - |
| - | - |

秋葉原で島の学校
「森の学校」を展開するトビムシのイベントスペースで、「島の学校」が開催されます。



「しまのがっこう 第2回」 入学のお誘い

島の元気を応援する「かごしま・島交流の会」は、
今年9月、「しまのがっこう」を開校しました。
しまのがっこうはいわゆる学校ではありません。島を知り、島のことでつながり合い、
島についてアクションをおこすことによって、人と島を元気にしようという空間を、
私たちは「しまのがっこう」と呼んでいます。
1回目は9月8日、与論島の学習を行いました。
第2回目は、鹿児島県の離島屋久島の更に離島の口永良部島を取上げます。
よかったら授業参観だけでもしてください。

しまのがっこう  第2回 口永良部島
【日本の島を学び、愉しむ大人の学校】

●日 時: 2010年11月22日(月)18:00〜20:30(17:50開場)

●会 場: アーツ千代田3331 トビムシ内イベントスペース
 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
 地図はこちら

●ファシリテーター:
 (社)へきんこの会代表理事 山地竜馬(口永良部島在住)

●内 容:
日本の都市や地方が抱える様々な問題は、離島に凝縮されていると言えそうです。
昔1000人を超えていた人口が今や150人の口永良部島。
深刻な半面、逆にこの小さな島だからこそできることがありそうです。
人は減ったけれど、豊かな自然は残っています。
島にはまだまだ知られざる宝がたくさん眠っています。
ものの豊かさから心の豊かさへ人々の幸福感が変化する中で、
自然と共生してきた島人の知恵から、日本再生のヒントを学びたいと思います。

【地理・歴史】
 概要:口永良部島の人口、位置、構造、自然、施設など
 交通:東京から空・陸・海の交通手段、係る費用、利便性など
 文化:戦前の開拓団、戦中の様子、戦後の歩み、現在の生活
 芸能:棒踊り、火の元踊り、六調、温泉祭り
【公民・経済】
 役場:施設、人員、機能、政策
 公共:船舶、電気、水道、ガス、通信、福祉、教育
 産業:農業、林業、漁業、観光
 一般:住居、仕事、娯楽、購買

※休憩時間に島の産物をお楽しみいただけます。

【比較研究】
 世界自然遺産屋久島の知られざる側面を紹介、口永良部島と屋久島の比較
【意見交換】
 へきんこの会が口永良部島で行なっている「島なび学生隊」の活動紹介、意見交換

毎回ある一つの島に焦点を当て、島の宝を掘り起こし、
島と島外の人たちの新しい関係を築いていくのが「しまのがっこう」の役割と思います。
雑談を交えての講義やビデオの観覧などを通じて、
互いに地域活性化の問題点に気付いてもらうなかで、
島と都会の人々との交流を深めたいと思います。

●参加費: 1000円 (ドリンク代込み)
●定 員: 限定20名(先着順)
●お申し込み・お問い合わせ:
 E-mail shimakouryu@iju.jp
●主 催: かごしま・島交流の会
 http://shimakouryu.iju.jp/
●共 催: 一般社団法人へきんこの会
 http://kuchierabu.jp/information/report/post_8.html
| 00:00 | - | - |
| - | - |




Profile

New Entries
Archives
Category
qrcode