食ブンカアワー

一緒に弁当食べない?
都市と地域の、ごはんと森の、そして次世代へのブリッジ。



3/20(土)12:00-14:00
「森とごはんをつなぐハシ」
ゲスト:NPO法人日本箸道協会 事務局長 牟田実氏
    株式会社結わえる 代表 荻野芳隆氏
参加費:¥2,000(箱膳弁当+箸道講座付き)


トビムシ代表の竹本の最近の口癖のひとつが、「割り箸で世界を変える」。
都心の消費地でもっとも有効な森林再生の方法のひとつが、国産の間伐材や端材からつくった割り箸を使うこと。今後は中国から割り箸が入ってこなくなるという市場見通しもあり、国産割り箸を再び産業として甦らせようという機運が高まっている。

そんなことを言いまわっていたら、「箸に詳しい人がいるよ」と紹介してもらったのが、日本箸道協会の牟田さん。はじめてお会いしたのは、実はつい先日のこと。
日本の箸食文化は1400年以上の長い歴史を持ち、その間日本独特のものを築いてきた。牟田さんは、箸食文化の研究・実践を通じて、品格ある人材を育成することと、食事の大切さや楽しさ、日本の箸食文化の素晴らしさを日本から世界へ、そして次世代に伝えている。

「せっかくなら、美味しいごはんを食べながらやりましょう」と、食事をお願いしたのが、「株式会社結わえる」の荻野さん。地方の衰退、生活習慣病の蔓延など、現代のライフスタイルを取り巻く多くの社会問題は、日本がこれまで育んできた伝統文化の中に多くの解決策を見出すことができると考えた。先人の知恵から多くのことを学び、新しい、日本らしいライフスタイルを産み出したいと日本の伝統的生活文化と現代のライフスタイルを結わえている。
一汁一菜という日本古来の伝統的な食文化を現代に取り入れやすい形にアレンジした「箱膳弁当」を提供してもらう。

とにかくまずは、みんなで美味しいごはんを食べよう。

都会の廃校で
おいしい弁当を食べながら、
箸のうんちくを教わって
日本の森のことを考えてみる、
そんな土曜日はいかが?

●参加費
¥2,000円 (税込・箱膳弁当代と箸道講座受講料として)
当日会場の受付で、現金でお支払いください。

●事前申込
お弁当の準備がありますので、必ず事前のお申し込みをお願いします。

事前お申し込み方法
件名を「食ブンカアワー参加希望」とし、本文に「お名前/お電話番号/メールアドレス/年齢/所属/あなたのブログや所属先のウェブサイトのURL」をご記入の上、下記の事務局までメールor FAX にてお申し込みください。
受付確認メール等はお送りしませんので、当日直接会場までおこしください。

担当:東(あずま):
Mail:baiten@tobimushi.co.jp
FAX:03-6240-1065

| 02:00 | - | - |
| - | - |



Profile

New Entries
Archives
Category
qrcode